ほっと会の個性豊かな世話人さん達が

自由に語るコーナーです。

 

 

 世話人Kです!

「外部評価」の事をお話します。

 

春よりボランティアとして定例会に参加させて頂いています。お誘いを受け、10月から世話人の一人として入会しました。

ほっと会の立ち上げの経緯や活動について、西山さんからお話を聞く機会が今まで何度かありました。お話によりご家族のお気持ちやご苦労を知り、家族会の必要性を感じ取ることが出来ました。外部評価調査員として認知症に対して多少の知識は持ってはいるものの、ご家族が今どんなことで実際に困っているのか、身近なものとして具体的に知る機会はなかなか無かったのです。

 

「外部評価」調査員って?

 

ご存知のない方がほとんどですよね。「外部評価」とは、グループホーム・小規模多機能型居宅介護に毎年行われる調査で、利用している認知症の人の立場になって、事業所の質の向上を図りより良くしていこうという視点に立ったサービス調査です。評価の結果は WAM NET (※ワムネット)で公表されているので興味のある方はご覧ください。また、利用者の方は無記名の家族アンケートで率直な声をぜひお聞かせ下さい。

調査員は、自分の偏見や独断によらず公平な立場で、サービスの改善・事業所の発展を願い、その支援をしていこうという姿勢で活動しています。言い換えれば事業所や利用者の支援者・応援団とも言えます。私は、家族を含めた応援団として皆様のお役に立てたら、と願っています。

 

同じ立場で話が出来る仲間、わかりあえる仲間、相談できる人がいる。抱え込むことが多い家族にとって心安らぐ場。それが私が抱いたほっと会の印象です。私もほっと会の一員として、笑顔で話し合える仲間になれたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

(K)

 

※  WAM NET・ワムネット

ワムネットは、独立行政法人福祉医療機構が運営を行っている、介護をはじめ福祉・保健・医療の情報を提供するインターネットのサイトです。厚生労働省の行政情報なども掲載されています。医療・介護保険・障害者自立支援法における事業所の紹介など福祉全般に関する情報が公開されています。

 

 

 世話人Iです!

「傾聴ボランティア」の事をお話します。

 

ある日ラジオから穏やかな語り口のホームケアファミリーケア協会理事長の鈴木絹英さんの「傾聴ボランティアとは、お話を聞いてほしい方に同感や同情でなく、しっかり心に寄り添って話しを聞かせていただくボランティアです。そして、話された方も聞かせていただいた方も優しい気持ちになれる」という話に、私も歳をとって一人になった時そんなボランティアさんがいてくれると助かるなあ。でも、その前に自分でもそんなボランティアができるとよいのだが、と思っていたところに、県の社会福祉協議会で研修の募集があり早速受講したことが「傾聴ボランティア」との出会いです。

 

そして今活動をしています。認知症をわずらっておりますが、とても笑顔のかわいい80歳のおばあちゃんAさんと出会いました。月2回定期的に訪れ、1時間弱をAさんのお部屋で過ごしています。家庭の事情もあり今はグループホームに入所していますが、歌が好きでとても上手に楽しそうに童謡、歌謡曲など歌ってくれます。残念ながら記憶もところどころですが、一生懸命話題も探し窓に来るすずめの事や、窓から見える景色を話そうとしてくれることもあります。そして、あなたとこうしている時が一番よと、とても素敵なかわいい笑顔をしてくれます。

 

でも、初めからこんなスムーズにいったわけではありません。活動を始めて1年が経ちますが、Aさんが少し心を開いてくれはじめたのはここ数ヵ月です。それまでは、私自身、認知症の事もよく理解していなく解らないまま始めたことに戸惑いを感じ、これでよいのか悩む毎日でした。

 

そんな時、ホームのケアマネジャーさんから認知症の方を介護する家族の会「ほっと会」の存在を紹介され、何かお手伝いできればと会に参加させてもらっています。毎月の定例会に参加される家族の方々のお話を聞かせていただいたり、西山さんの「ほっと会」に対する純粋な心に触れさせてもらい、なんて居心地のよい会なのかなと感謝しています。

 

また、Aさんとのかかわり方を戸惑っていた時、長谷川式認知症スケール考案者の長谷川先生のお話を聞く機会がありました。その中で、「認知症と診断されてもその人の存在まで無くなった訳ではない。かけがえの無い存在としてその人の尊厳性を尊重し、その人らしく一緒に共有できる時間を持つことが大切」という言葉を聞き、目からうろこの気持ちでした。それからは、気持ちも楽になりAさんとの時間も楽しく過ごす事が出来るようになったような気がします。「傾聴ボランティア」として、まだまだ未熟な私ですが、息の長い活動をしていきたいと思っています。

(I)

 

 世話人Sです!

「介護をしていない会員第1号」です。

 

ほっと会に入会して3年、当初は10数名の会員でしたが、今では50名近くになりました。それはひとえに西山さんの真摯な生き方や暖かな人柄が会員の増加につながっていると思っています。

 

介護はしていないけれど、西山さんの思いを理解し、世話人として会員になった仲間も増えました。介護が終わられた介護ベテランの方、現在介護事業所を経営している方、地域包括支援センターから出席してくださる方、もちろん代表の西山さん、他私を含めた4人と全部で8人、個性豊かで情の熱いメンバーです。ひと月に1度の世話人会は時間がたりないくらい話し合いは続きます。ある人にほっと会は「ホット(熱い)会」だと言われたことがありますが、まじめに一生懸命取り組んでおります。()

 

この3年間いろいろな研修や講演に出かけることができ、又昨年、友人に「認知症ライフパートナー」のことを教えてもらい、認知症の理解と本人と寄り添える方法が少しでも学べるものかと挑戦してみました。認知症ライフパートナーとは、「認知症の人に対してこれまでの人生や生き方、価値観、を尊重し、日常生活をその人らしく暮らしていけるように、本人や家族に寄り添い、サポートできる人」です。介護をした経験はありませんが、学んだ知識を今後のほっと会の活動にも生かしていけたらと思っています。

 

定例会の時、会員のみなさんの介護をするお話をいつも聞かせていただき、頭が下がる思いをすると同時に、意識が高くて魅力的な方が多いなといつも感心しています。

 

ほっと会のお手伝いができる方、仲間を募集していますのでよろしくお願いします。認知症は決して他人ごとではないといつも思っている筆者です。

(S)

 

 

 世話人Oです!

「私にとってのほっと会」をお話します。

 

お誘いを受け私に何かお手伝いができればと、あまり深くは考えずほっと会に入会したのが去年の秋、あっという間に7ヶ月が経ちました。

 

以前から認知症は他人事ではないと思っていました。脳の活性化というタイトルにはテレビでも本でも飛びつきました。ところが入会当初の私の認知症に対する認識は、物忘れがひどい、奇異な行動をとる、徘徊する、だから家族はたいへん、という程度のものでした。

 

定例会に参加し、ご家族の皆さんのお話を聞かせて頂き、そして本を読み、認知症について理解しようと勉強しているところです。自分がいかに認識不足だったか・・。残念ながら世間は、数ヶ月前の私のような人が大多数だろうと思います。

 

認知症を知れば知るほど、家族会って必要だなと感じます。同じ立場だから愚痴も不満も不安も言える、分かり合える、なんとなく気持ちが軽くなる、だから定例会はご家族の方にとって、ちょっとほっとする一時なのかもしれません。共感、共有し合える仲間の存在ってほんとうに大きいなあと思います。

 

同じ立場ではない私ですが、会に参加するとほっとし、癒されます。それは、お話しを聴かせて頂いていると、皆さんの強さと優しさを感じてきて、私の気持ちが優しく包まれるような感覚になるからなんです。自分まで強く優しくなれた、そんな気にさせて貰えます。

 

今後、これから新しく入会して下さる方にも、ちょっと会を見学に来て下さる方にも、この会ってなんとなく居心地がいいなと感じて頂けたら嬉しく思います。そのために今のほっと会の雰囲気を維持できるように、会員の一員として私なりに努力したいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。

(O)