ご挨拶 :

 

平成20年7月23日、藤枝市民活動センターぴゅあにおいて、『ほっと会』の記念すべき一回目の定例会が開催されました。

今、何よりも私が感じていること。それは『ほっと会』を目にとめて、仲間となって下さった方々に、私自身が勇気をもらい、支えられているのだという事です。

 

認知症の母と同居を始めた当時、煩わしく言う親類もいないが、近くに頼れる身内も一人もなく、日を追うごとに溜まるストレスに押し潰されそうになっていた私でした。「壊れちゃダメ!」「誰か助けて! 私の気持ちをわかって!」・・・そんな私の心の叫びが『ほっと会』という形になったのだと思います。

 

今、少しずつ世の中が認知症介護家族に目を向け始めました。私達の日々の想いを『ほっと会』を通して世の中に伝えていく事で私達は社会参加し、「認知症の人とその家族が安心して生活できる社会」にするための社会資源となるのではと思っています。

 

今は平穏な介護でも、日々変わるのが介護。悩んだ時、困った時『ほっと会』という『かけ込み寺』があるというだけで、少しは、気持ちが軽くなればと思っています。同じ立場の者どうし、支えたり支えられたり、教えたり教えられたりしながら、これからも、あせらず、こつこつ、しっかり、どっしり、そしてにこにこ・・・を忘れず、やって行きたいと思っています。

 

 

代表 西山 美紀子

 

NEWS!

ほっと会のお手伝いをしてくださる方、随時募集しています!