『家族からの要望』

いつもお世話になっている介護サービスへの率直な要望です。回答が寄せられたものに関しては順次掲載していく予定です。意見を交換しあうことでお互いに理解し、より深く繋がっていけたら素敵ですね!

 

*ケアマネージャーさんへ

 

  • 翌月のケアプランを立てる際、デイサービスなど利用施設からの報告を電話で聞くだけでなく、本人の実際の様子を見に行ってほしい。短時間でよいので月に1度くらいは見てきてほしい。

 

  • 看取りを終えたばかりの頃、今まで支えていただき頼りにしていたケアマネさんと、突然縁が切れてしまうのがとても心細いです。ひとり社会から切り離されてしまったような孤独感に襲われます。介護を終えたらおしまいではなく、できればしばらく、例えば最初は1週後に、次は1ヶ月後に、といった感じで連絡をくださると嬉しいです。

 

 

 

*施設スタッフさん、介護士さんへ

 

  • 名前を覚えたいので名札をつけてほしいです。普段、介護士さんとあまり話す機会もないけれど、認知症の母をあたたかくお世話してくださる介護士さんのことを私は時々、親戚、身内のように錯覚してしまうことがあります。家族にとってはそれだけ近しい人に感じられています。介護士さんに対する言い尽くせない感謝の気持ち、頼りたい気持ちとともに「介護士さんと仲良くなりたい」という気持ちが家族にはあります。首からぶら下げる名札は邪魔になるからと、つけていない方が多いのですが、布で縫い付けるとか大きめの刺繍とか、動作の支障にならない方法でつけてくださると嬉しいです。名前を知りたいです。

 

 


*デイサービスセンターへ

 

  • 初期の認知症の場合、身の回りのことはほぼ自分でできるので、ほったらかしにされてしまう。職員さんは手のかかる重度利用者さんのお世話中心になってしまいがち。もっと認知症をすすませないプログラムをやってほしい。

   

  • 認知症でも身体が元気な人は多いので、椅子に座ったままの体操では物足りない。もっと身体を動かすプログラムも入れてほしい。

   

  • 連絡帳によく書かれる「お変わりなく過ごされました」はあまり意味がないので、その日どんなことをしたか等書いて貰えると様子がわかって嬉しい。

     

  • 夕方の時間の延長をしてもらえると助かる。延長ができれば、ショートステイを使わなくてすむこともたくさんある。

 

 

 

 

 

*ショートステイへ

 

  • ショートへ行くと認知症がすすむ、と言われている。帰宅してから混乱する。デイサービスのようにレクリエーションを取り入れて脳活性してほしい。

 

施設より:

ショートではいつもと違う環境での生活に慣れてもらうことが先。本人が落ち着かない状態でのレクリエーションは無理。

 

レクリエーションを実施している施設も有り。

 

医師より:

そもそも混乱するのが認知症。見知らぬ環境で寝泊まりし、帰宅すれば混乱するのは当然

 

 

  • 帰りの時間が早すぎる。3時頃には家に戻されてしまう。ホテルと違い2泊3日なら3日分の料金を払っているので、最終日の時間をもう少し長くしてほしい。